リスティング広告の分析と改善方法

キーワードの改善

1.キーワードの改善

「効果が良いキーワード」と「効果が悪いキーワード」をそれぞれどうするか?を解説します。特に「効果が良いキーワード」について、“入札を上げる”以外の施策が思いつかない場合は、このページの内容を見ていただければと思います。

キーワードの改善

2.入札単価の調整

『Phase2』の中の最も難易度が高いコンテンツです。「ROIを最大化する“最適入札価格”をロジカルに算出するテクニック」についての話です。図を見ながらゆっくり考えれば大丈夫です!

入札単価の調整

3.広告グループの再設計

広告ランクを上げるため、グループ内のキーワードを入れ替える「広告グループ再設計」についての解説です。その他「品質スコアが下がる要因と対策」や「インプレッションなしキーワードをどう扱うか」など、広告スコアを意識したコンテンツです。

広告グループの再設計

4.広告文の改善

広告文の作成については、『広告文作成の重要ポイント【10項目】』を見ていただければと思います。ここでは、実はCVRが高くなる「あえてクリックさせない広告文」について、注意点などを説明しています。

広告文の改善

5.キャンペーンの予算配分

『Phase1』のところがしっかりできていて、「キーワードマッチ」「適切な広告グループ」「キーワード貢献度」にキャンペーンが分かれていれば、予算配分は難しくありません。「予算配分の視点」を参考に、効果が出るキャンペーンに予算投下していきましょう。

キャンペーンの予算配分

6.キャンペーンの設定

簡単な設定ですがCPAを改善することができる「キャンペーンの設定」について解説します。「曜日配信」「時間帯配信」「地域設定」「配信対象外サイト」など、管理画面から簡単に設定できるので、CPA改善のため設定しましょう。

キャンペーンの設定

7.インプレッションシェア

以外と知らない・使いこなせていない人が多いですが、インプレッションシェアという指標は予算配分、入札単価を考える上で非常に役立つ指標です。インプレッションシェアの意味や施策へ活かし方など、“実用的なインプレッションシェアの使い方”について解説します。

インプレッションシェア

8.その他の分析

リスティング広告の「効果が下がる外部要因」と「ランディングページ」について。特にLP(リンク先ページ)は「広告スコア」に影響するので、テキスト(キーワード)を含めたページを作成しないといけません。画像ばかりのLPを使っている場合は、まずLPを作り直しましょう。

その他の分析

スポンサー

スポンサー

Digital Marketing Lab トップ
このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP