アカウント構造の理解

設計と開始準備

設計と開始準備(カテゴリTOP)

リスティング広告のアカウント構造

基本知識

アカウントは複数のキャンペーンで構成され、キャンペーンは複数の広告グループで構成され、広告グループは複数のキーワードと複数の広告文によって構成されます。

アカウント設計では、まず【キーワード】の選定を行い、それをもとに【広告グループ】を作成し、キーワードをグルーピングして広告グループにまとめます。

さらに広告グループをグルーピングして【キャンペーン】にまとめます。

リスティング広告のアカウント構造

基本仕様

1アカウントに作成できるキャンペーン数

100個

1キャンペーンに作成できる広告グループ数

2,000個

1広告グループに登録できるキーワード数

  • AdWords:10,000個
  • スポンサードサーチ:20,000個

1広告グループに登録できる広告数

50個

キーワードマッチ

「完全一致」、「完全一致(表記ゆれ含む)」、「部分一致」、「フレーズ一致」、「フレーズ一致(表記ゆれ含む)」、「絞り込み部分一致」

品質スコア、品質インデックス

キーワードに付与、10段階表示

コンバージョン測定機能

  • コンバージョンがカウントされるのは、コンバージョンにつながった広告が最初にクリックされた日
  • コンバージョンが測定できるのは、コンバージョンした日から遡り30日前までの広告クリック

広告配信方法

  • 標準(1日の中で広告を均等に表示)
  • 集中化(できるだけ早い時間に広告を表示)

予算設定

キャンペーン単位

検索クエリ表示

検索クエリを表示できる

Adwordsとスポンサードサーチの違い

部分一致の登録方法

  • e.g.「A B」の部分一致登録方法
  • Adwords:「A B」
  • スポンサードサーチ:「A B」「B A」

Adwordsでは逆順もマッチさせるが、スポンサードサーチは逆順をマッチさせない。⇒両方登録する必要がある

ロングテールキーワードの設定&入札

  • Adwords
  • ボリュームが少ないキーワードへの入札は除外される可能性がある
  • LPとの関連性が薄いキーワードも除外される
  • スポンサードサーチ
  • Adwordsよりも判定がゆるい

部分一致の誇張の精度が低い(スポンサードサーチ)

登録キーワードおよびランディングページによる総合的な関連性で広告を表示させる検索クエリが決まる

つまり。。。登録していないキーワードでも多数広告が表示される(除外キーワードの設定が必須)

設計と開始準備

設計と開始準備(カテゴリTOP)

スポンサー

スポンサー

Digital Marketing Lab トップ
このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP