キャンペーンの予算配分

広告文の改善

広告文の改善

検索ユーザーの興味度を理解して予算配分

キーワードのモチベーションごとにキャンペーンを分けておくと予算配分が楽

『キャンペーンの設計』のところで、各キャンペーンは「キーワードマッチ」「プラスマイナス」「キーワードの種類」で分かれています。なのでここでは、キャンペーンの効果に応じて予算を分配していくだけです。

  • 【例】予算配分の視点
  • 1.CPAが低いキャンペーンに可能な限り予算投下
  • 2.CVが多く獲得できるキャンペーンに予算投下 → CPAに注意!
  • 3.残りの予算を他のキャンペーンに分配

1日の予算設定

目標CPA×目標CVで予算設定

『入札単価の調整』のところを参考に、目標CPA×目標CVでキャンペーン予算を算出しましょう。

1日の予算はなるべく大きく

1日の消化予算が多い競合が、同じキーワードに同じ金額を入札していた場合、予算を多めに設定している他社の方が上位表示されます。なので、1日の予算は実際の消化広告費よりも少し高めに設定しておくことをおすすめします。

広告文の改善

広告文の改善

スポンサー

スポンサー

Digital Marketing Lab トップ
このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP