アドエクスチェンジとは

アドエクスチェンジとは、各媒体・各アドネットワークが抱える広告枠(AD)を交換(EXCHAGE)できる仕組みで、これによって配信プラットフォーム(仕様)が統一されました(広告の取引市場化)。

アドエクスチェンジの仕組みは広告枠をimp(配信数)ベースで入札する市場であり、需要(広告主)と供給(媒体)のバランスによってインプレッションごとに広告枠の価格が決まります。

アドネットワークでは「クリック課金型」「インプレッション課金型」など、ネットワークにより課金形態が異なることも多いですが、アドエクスチェンジという広告取引市場を介することによって、広告主から見ると“入札方式のインプレッション課金型“で統一されました。

アドエクスチェンジを使った広告配信

アドエクスチェンジの詳細については、こちらで説明しています。

『アドエクスチェンジの仕組みと特徴』

こちらの用語もチェックしておくと、Webマーケティングやデジタルマーケティングに詳しくなります。

デジタルマーケティング重要用語

Web広告効果測定指標

アドテクに関係する用語

SEOに関係する用語

リスティング広告に関係する用語

アクセス解析に関係する用語

スポンサー

スポンサー

Digital Marketing Lab トップ
このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP